無料セミナー 「今だから話せるライブドアにおける人事制度の成功と失敗」 ~twitter中継まとめ~


去る12月11日に、石山 喜章さんによる無料セミナー「今だから話せるライブドアにおける人事制度の成功と失敗」が開催されました。11月に同タイトルで開催されたセミナーが好評につき、2回目の開催となりました。今回はそのtwitter中継のまとめです!

石山 喜章さんは、ライブドアにおけるメディア事業の立ち上げ、M&A後の事業統合、社内紛争の解決などを行われました。豊富な経験をもとに、北海道大学、明治大学、埼玉大学、関西大学、BBT大学にて、講師、審査員などを務められ、本質深くに迫るアプローチには定評があります。

完璧な人事制度の仕組みを構築しても、それが思ったように機能しないのは何故でしょうか?
わずか3年半で100人→3,000人へと急成長したライブドア成功の裏にある「失敗の法則」と、組織開発における「急所」を実際のケーススタディを交え、ワークショップも取り入れながら解説していただきました。

tweetsまとめ

人事の大学twitter

本日も無料セミナースタートです!今日は株式会CCO 代表取締役の石山 喜章氏による、「成長企業の組織開発」実践講座として講演していただきます。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

石山氏はライブドアにおけるメディア事業の立ち上げ、M&A後の事業統合、社内紛争の解決などを行っていらっしゃった方。毎回人間心理を突く内容のセミナーは好評で、現在月1回のペースで「人事の大学」でも講演していただいています。今日も会場いっぱいに参加者の方々がいらっしゃっています!

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

本日の会場は、株式会社 学生情報センター Nasicさんの広めの会議室をお借りしています。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

石山さんは人事制度が全く築かれていなかった当時のライブドア立ち上げ時において、まずは社員を階層別にピラミッドを作られたそう。また、それぞれの業務の内容を明確にし、さらにMustとBetterのものに区分。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

更に360度査定を導入。一緒に仕事をしたメンバーで、相手のことを評価する評価制度。直接面識ないメンバーには無記入可。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

先ほど定義したMustとBetterの仕事内容に対する評価に合わせて階級をつけ、それに併せて給料にも差をつける。それだけでは能力があるだけで、実績がなくても階級を上がることができるので、評価の50%は計測可能な目標値への達成度で判断。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

その結果・・・良かった点:査定される側の納得感は向上、人物評価の裏付けがとれた、給料減額の根拠が明確化

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

悪かった点:職歴の定義によって、「自分の仕事ではない」と誰にもこなされない業務が発生してきた。(突発的な事態:引っ越し作業など)

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

悪かった点:査定前に気持ち悪い光景・談合が見られるように。。急にメンバーをランチや飲みに誘いだす光景も。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

悪かった点:昇給の基準は結局話し合いになってしまう。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

ここで石山さんの得意領域であるワークショップが始まります!SSM(Super Speed Meeting)⇒短時間でも深いコミュニケーション手段

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

それぞれ肩書きや職業を置いておいて、素の人間として交流すること。2人1チームで笑顔で話します。両手の握手で始まり、両手の握手で終わります。チームに集中して、思ったこと・感じたことを率直に、テーマについて話していただきます。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

今回のテーマ「人事制度運用の鍵は何か?」3分間のSSMがスタートです!

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

SSM中の様子です!会場が一気に活気的になります!

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

石山氏ライブドア時代の課題:社員の取組みが結果として現れた時、その功績をどのように評価し、いくら給料を上げれば良いでしょう。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

結果を生み出す要素は様々。市場環境、十分な投資、サポート体制、社員の能力。ではそのうちの社員の能力はどれだけの寄与率かを判断するのは結局感覚による話し合いになってしまう。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

また別の課題では、社内でのコミュニケーションが困難になっていったこと。社内の何気ないやり取りもメールベースになっていたり。人が増えるとどんどん本音を言えない職場環境に。現場の社員が上司にきちんとコミュニケーションを取りづらくなると、問題は膨れ上がる一方になってしまう。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

意思疎通の大切さ:上層部で決定されたことは現場にしっかりと伝わっているか。現場からフィードバックを汲み取れているか。このシンプルなコミュニケーションが難しいものになっていたそう。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

石山氏ライブドア時代の課題その3:判断基準(ものさし)の確立。人によって単語一つをとっても捉え方は様々。「りんご」と聞いて何を思い浮かべますか?青森を思い浮かべる人もいれば、アップル社をイメージする人もいると思います。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

人の観点は様々。観点はその人を超えて移動することはできません。それが故に判断基準を統一することは難しい。人は判断基準をそれぞれ持っていて、無意識にそれに基づいて物事を判断しています。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

ここでSSM。「価値観が違って争う際に、どんな解決方法を取りますか?」今度はパートナーを変えて、スタートです!SSMにはコミュニケーションを円滑にする絶妙なルールが敷かれていて、皆さん活発に、相手の目を見ながらコミュニケーションをとっていらっしゃいます。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

いわゆる人事のニーズで挙げられるポイントは、どれもコミュニケーションによる問題とすることができないでしょうか。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

コミュニケーションとは:インプット(認識の仕方)⇒Think(考え方)⇒アウトプット(伝え方)ではないでしょうか。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

この中での”認識の仕方”について語っている人、ハウツー本とはあまり出ていない、と石山氏。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

これからの人事の課題とは、人の根底にある認識の部分に掛け合うことではないでしょうか。目に見える問題は氷山の一角で、本質(99%)は目に見えない無意識の部分によるところが大きいのではないでしょうか。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

コミュニケーションがずれる原因は相手の判断基準が見えていない=浅いコミュニケーションをしていたから。石山氏はこのズレに働きかけるお仕事をされています。クレド=組織の判断基準、をいかに作り、それを浸透させるか。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

ここでSSM。「判断基準について思う事・感じること」について、パートナーを変えて3分間、スタートです!

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

大規模な会社であればあるほど価値観は多様・バラバラに。一つの力でまとめてしまうと、クリエイティビティが生まれなくなってしまう。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

オーケストラがそれぞれ自由に楽器を演奏してしまうと、音楽はまとまりません。演奏前は必ず静かになり、指揮者の指揮で音楽は始まります。演奏前の静けさ=ゼロベース思考を可能にする認識技術を石山氏は導入することで人事制度に働きかけていらっしゃいました。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

コンサルも研修会社も理想論ばかり。だったら現場にポストを用意するから一緒に問題解決してほしい、と当時石山氏は感じていたそう(笑)様々な問題の根底となっている、判断基準・価値観の差異を埋めるべく、石山氏は現在も活躍されています。

人事の大学 ‏@jdaigaku

人事の大学twitter

セミナー後の質疑応答が終わり、この後は名刺交換、懇親会と続きます!参加者のみなさん、本日はありがとうございました!

人事の大学 ‏@jdaigaku

 

いかがでしたでしょうか。
石山氏の「人事の大学」無料セミナーは、2013年1月11日(金)にも、年初めのセミナーとして開催されます。

「ヒューマンスキル強化の最新事例と研修設計の極意」
詳細・受講申し込みはこちら:http://j-daigaku.com/lesson/st_de_86.html

 

-講師プロフィール-

石山 喜章(いしやま よしあき)

株式会社CCO 代表取締役/Grand Vision Forum 代表
埼玉大学 理学部 物理学科及びデジタルハリウッド 本科 プロデュース専攻を同時に卒業後、IT系の戦略コンサルティング会社にて営業ノルマの3倍を達成しMVPを授与。株式会社エッジ(後のライブドア)にスカウトされ、数々のメディア戦略・マーケティング戦略を統括し、同社の成長を支える。
その過程で資本主義システムの限界を感じ、新しい社会の枠組みの必要性を痛感。7年間、NR JAPANの共同経営者として人材育成・認識産業の開拓に取り組んだ後、当社を起業し独立。現在は、心を経営できるCCO(Chief Communication Officer)を増やし、多くの企業に心の健康を広めるべく活動中。

 

人事の大学」では、すべてのビジネスパーソンに向けて、人材マネジメントスキルを学び、交流する場を提供し続けており、国内外にて様々な講師陣による無料セミナーを開催しています!
詳しくはこちら⇒http://j-daigaku.com/lesson/st_top_free.html

少人数制のスキルアップを目指した有料セミナーも開催しています!
詳しくはこちら⇒http://j-daigaku.com/lesson/st_top_pay.html

無料セミナーなどの最新情報はtwitterでもお知らせしています!
https://twitter.com/jdaigaku

 

人事の大学事務局

TEL.03-6427-3064
FAX.03-6427-3064
Contactsお問い合わせへ