POST

  • レポート
  • 2020.05.07

人事に求められるキャリア自律への支援とは

三城雄児氏と向井洋平氏の対談です。

自律型人材の育成というテーマに対して、当時、人事コンサルタント経験17年、会社経営経験10年の三城氏が語っています。

 

「人生 100 年時代」―― 60 歳から 65 歳に定年が引き上げられたとしても、100 歳までにはまだ 35 年も残っている。退職後に仕事をするかどうか、するとしたら再就職先はどこにするかなど、選択しなければならないことは多い。定年直前では、充分な備えもできないだろう。そのため、ミドル・シニアと呼ばれる世代のうちに、何ができるかを考えておきたい。大学教授及びコンサルタントとしてグローバルに活躍できる人材の育成に力を注いでいるビジネス・ブレークスルー大学准教授及び株式会社JIN-G代表取締役 三城雄児氏と退職金専門家 向井洋平に、今求められる「キャリア自律」について語ってもらった。

 

実際の対談の記事はこちら

人事に求められるキャリア自律への支援とは 前編

人事に求められるキャリア自律への支援とは 後編

Copyright©2019 JIN-G Inc. All Rights Reserved.